2014年7月30日 (水)

私の青春時代のアイドル

私の青春時代のアイドル、それはAKB48です。私は結成当時から彼女たちを応援していました。
ダンスレッスンや歌のレッスンも全く受けたことのない少女達が、どこまで大きくなるかがすごく楽しみだったことを覚えています。

最初はビラ配りから始まり、まったくお客さんがいない状態から始まりました。その辛い状況の中、センターで頑張っていたのは前田敦子さんです。彼女は内気で、前に出ていくことが嫌いな女の子でした。私も正直最初はどうしてこの子がセンターなんだろうと思っていました。
だけど、彼女がセンターの曲を見ていくうちにセンターを任されている意味がわかりました。
前田敦子ちゃんがセンターに立っていると、AKB48がとても華やかに見えました。
そして、同時に、周りのメンバーを引き立てる魅力もあるのだと思いました。
彼女がセンターだったら、AKB48が輝くことができると思いました。

そして今は、レコード大賞を獲得をし、そして、総選挙もテレビで生中継されるようになりました。私は彼女達と共に青春時代を過ごすことができて良かったです。
無料ブログはココログ